難関大学合格

最終的には難関大学への合格を「目標」に,一貫した指導で導きます。

 

有名中学,高校進学は最終目標にはならない

難関中学や高校の生徒のすべてが難関大学に合格をするわけではないことをご存じでしょうか。少なくない割合の生徒はむしろ次のステップの勉強にうまく適応できずに学校内で落ちこぼれてしまうことは業界内ではよく知られていることです。このような学校で‘落ちこぼれ’となった生徒の学力は,普通の中学,高校の上位の生徒よりもずっと低いことが多いのです。スタートダッシュに一度つまずいた時に,このような学校の場合には優秀な生徒たちに合わせた進度になっているために,遅れを取り戻すのが非常に難しいからです。

したがって,希望中学,高校進学はそのまま「成功」を意味しません。
しかし受験の現場ではそのような実態はとりあえず,そうなってしまった時に悩むことにして,ともかくもこの目の前の受験を突破することが目標になってしまっている「現実」があるのではないでしょうか。特に中学受験においては,いつの間にか本当にそれが唯一の目標と化してしまい,そこで親子ともに燃え尽きてしまうという例もしばしば見受けられます。そうなって学内で,落ちこぼれてしまった場合,その後の中学高校6年間はその子供にとって,大変な‘苦行’になってしまいます。

 

進学中学,高校によらず,難関大学へ向けた水準で指導

わたしたちの,この『ば』では,進学の中学や高校によらずに,難関大学受験に向けての水準で指導を行っていく予定です。

わたしたちは元々,難関と呼ばれる中学高校の学生たちを相手に,学校では足りない部分を補うことで過ごしてきたわけですから,学校の内容よりもある意味で「充実」した中身を単独で提供することができます。したがって,それについてきていただければ,難関大学受験水準まで引き上げることはできるわけです。

もちろん,ある程度の「素質」と努力の継続と,なにより意志が前提になります。しかし小,中,高とその都度,学校や担当者が何度も入れ替わってしまう場所よりも,確実に効果も,責任も,そしてそれぞれの子に対する‘思い’も密なものになるでしょう。
通勤通学ラッシュに巻き込まれながら,わざわざ遠方の有名中学高校に通わずとも,地元の中学高校に通いながらでも,受験水準は十二分に保つことができます。逆に言えば,難関中学高校に通っていても,落ちこぼれないようにあるいは上位を保てるようにサポートすることができるわけです。
もちろん学校選びのポイントは,勉強の面だけではなく,環境面や友人やクラブ活動のことなど,他の要素もたくさんあります。ただ,学習面の考慮の負担が減れば,ずいぶんと選択の幅が広がるのではないでしょうか。